<タイ生活>タイでまだ使えるけど売れそうにないものを処分する方法(寄付・売る・捨てる)

タイから日本に引越しをする際に困ったのが、いろんな細々したものの処分方法

ブランドものじゃない服とか、

カラーボックスとか、食器とか

要は売れるほどのものじゃないけど、まだぜんぜん使えるものがたくさんありました。

今回は、タイでまだ使えるものを処分する方法を紹介します!

タイでの荷物処分方法は一般的にこんなところ

売りたい場合

⑴なんでも買取おばちゃんに売る(在タイ日本人に聞けば誰かしらには繋がる、個人でなんでも安く買い取ってくれるタイ人おばちゃんのこと)

⑵リサイクルショップに売る

⑶ネットで売る

譲りたい場合

⑴チャリティに寄付する

⑵知人に譲る

⑶ゴミ捨て場に置いとく(使えるものの場合は、大抵數十分以内にコンドの掃除人さんとかが欲しいもの漁って持って行くので、寄付といえば寄付。)

引っ越す時我々は考えました。

どうせなら「売れるほどのものじゃないけど、まだぜんぜん使えるもの」もお金に変えたい。

買取おばちゃんはブランドものや高い家電じゃなければ値段なし同然で買取になるし

ネットやリサイクルショップならそもそも売れない。

でもまだ新しいカラーボックスとかクッションって、

値段半額~3割くらいにしたら売れるんじゃ?

私だったら買うもん。

せっかくコンドミニアムに住んでるし、たくさんの住人の中に欲しい人いそうな気がする。

しかも同じコンドミニアムであれば、部屋まで取りにきてもらえる・・!

と思いつきで、コンドミニアムの管理事務所に相談してみました。

結果コンドミニアムとしてはダメ、掲示板に貼るのもダメ、駐車場でフリマもダメ、だけど

売りたいもの資料にまとめたら、コンドミニアムの知り合いにこっそり配ってあげる。とのこと。

 

処分したいものの写真、値段をまとめた資料を作って

我々三日後に旅行に行く予定だったので、欲しい人は三日以内に返事くださいって書いたんですが

二日目の時点で

扇風機、炊飯器、ワイングラス、クッション、プラスチックの棚、皿、PC用のデスク・・等々売れましたよ!

大体値段半額~3割くらいで。ダメージあるやつすら売れました!やったー!

しかもほとんどは管理人の人が買ってくれました。笑

タイのコンドミニアムって人の出入り多いし、生活用品が必要な人はいて、

それに管理人さん自身だってお得な買い物はしたいはずですから、

日本ほど規則を原則に守るお国柄じゃないのは抜け道だったと思いました。:D

普段から管理人さんには愛想よくしとくことお勧めします。

生活用品であれば男性よりは女性の管理人さんに聞いてみたらいいとおもいます!

うちに買いに来た人はほぼ女性でした。

そしてその他の残ったものの処分ですが

我々はチャリティに寄付しましたよ!

タイには色々はチャリティを行っている団体があります。

我々が今回行ったのは、ここ

ここは本当になんでも受け取ってくれます。

気のいいおじさんのエディーさんがこじんまりと経営されていて、寄付されたものはトラックで

タイの北部の恵まれない子供達に月1で届けているそうです。

古着

使った色鉛筆、文房具

調味料、紅茶のティーバック、お菓子等

ぬいぐるみ

タンス

収納用具、ハンガー、枕、ブランケット、等々。。。。。

こんなもの受け取ってくれるのか・・?と思いながらも積めるだけ車の荷台に積めて持って行きました。

結果、全部受け取ってくれました!!すごい!!!

おじさん曰く、子供達は貧しくてほんとうに何も持っていない、だからなんでも有難いんだとのこと。

私が途中で飽きて辞めた大人の塗り絵の本がびっくりするくらい感謝されました。。

あーいらないもの、売らなくてよかったなぁ、と思いつつ、

後日寄付するつもりじゃなかったものもまた持って行きました。

部屋はすっからかんになったけど、すごい心が洗われた気が。断捨離より絶対気分いいです。

我々が行ったのは団体のオフィスでプラカノンとエカマイの間の奥深い道にあります!

バンコク市内に色々提携してる店があって、そこに置いて行ってもいいらしいです。

行くなら電話してから行ったらいいと思います。

エディさんはタイ語NG、英語OK。オフィスにはタイ語を喋る女性がいます。

タイではどんなものでもリユーズ可能というか、受け取って使ってくれる人がいるのが本当にありがたい。

日本だと難しいですよね。

ちなみに日本に来てから部屋の断捨離したんですが、日本の孤児院は衣服の寄付とかはダメでした。お金オンリーらしい。

タイのユニセフも、寄付はお金で、いくら以上〜って決まってました。。敷居高い!笑

タイのこういうチャリティ団体は他にもあるので、色々調べて住んでる近くのところに行ったらいいと思います。

荷物多ければ、ピックアップを頼める団体もあります!

タイで荷物の処分に困ったら是非検討してみてください! 🙂

Leave a comment